2009年11月03日

運動会の親子競技

運動会はただ見ているだけでなく、幼稚園や小学校低学年は父兄が参加しての競技もありますよね。
運動会の季節が近づいて来ると、張り切っているのは子供だけでなく、お父さん、お母さんもそうかもしれませんね。

例えば、幼稚園なら一緒にダンスを踊ったり、ボウルを二人で持ってかけっこしたり、簡単な競技がほとんどだと思います。
ですが小学校に上がると、二人三脚で一緒に走ったり、子供をおんぶして走ったり、何かと体力的にきつい競技が増えてきます。

ここで怖いことは、普段、まったく運動していなかったお父さん、お母さんが運動会で急に走ることです。
もちろん準備運動などしていない方がほとんどでしょうし、走る体とは程遠い方が多いです。

しかも、レース前は「もう、走れないわよ!」と謙遜していたお母さんも、レースが始まれば、ついムキになって全力で走っています。
このように急な運動は怪我の元なのです。
楽しい運動会に怪我などしたら、大変です。
父兄参加型の競技は自分の体のことをよく理解して、無理をせず参加しましょう。

気をつけるポイントとしては、走る競技では全速力はやめましょう。
昔、足が速かった人ほど、そのギャップにご自分でも驚くようです。
体も年齢と共に間違いなく老化していますから、自分の力を過信しないようにしましょう。
元陸上部の私が言うのですから間違いありません。

もし、参加するのであれば、準備体操を万全にすることはもちろんのこと、運動会の少し前から軽く運動をしておくことをお勧めします。
お父さん、お母さん、運動会への参加は十分ご注意くださいね。
posted by 運動会 at 20:14 | TrackBack(0) | 運動会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131950778

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。