2009年11月03日

運動会の少ない拍手その2

運動会で観客からの拍手が少ないことを、私はとても残念に思っています。
親御さんたちは撮影に一生懸命で拍手する暇もありません。

せっかくの運動会なのに、親はカメラばかり構えていて良いのでしょうか。
思い出を録画することも大切です。
でも運動会のすべてを画像に収めなくても良いでしょう。
カメラの小さい画面で見るより、たまには実際にお子さんが走っている姿を見て欲しいと思います。
組み体操も、自分の子供だけをアップで撮影していたら全体の素晴らしさがわかりません。

例えば、両親で応援に来ているのであれば、どちらかが撮影してどちらかが応援するとか、分担すれば良いでしょう。
お父さんがデジカメでお母さんがビデオカメラなど、両者が撮影するのでは仕方ないですが。

また、競技が終わったら一度撮影を止めて、電源を落としてバッグにしまえば、生徒が退場の時は拍手も出来ますよね。
カメラを手でずっと持ったままだから、拍手できないのではないでしょうか。

たかが拍手、されど拍手です。
沢山の拍手をもらったときの気持ちが、とても良いこと、私は子供ながら覚えています。
だから今の子供たちにも同じ気持ちを味合わせてあげたいのです。
拍手喝さいの中を退場門に向かって歩くと、自分が誇らしく思えます。
その時は達成感で一杯なのですから。

数年前から私はこのように考え、運動会では「撮る競技」と「見る競技」に分けています。
そして子供たちには、力一杯の拍手を送るようにしています。
そして、私のように、誰か他の人も拍手の少なさに気が付いてくれることを願っています。
posted by 運動会 at 20:14 | TrackBack(0) | 運動会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。