2009年11月03日

運動会は秋から春へ

小学校、中学校は週5日制を導入してから、随分経ちますね。
これによって運動会も様子が変わりました。
定番の「秋の大運動会」が春に移行しているのです。

そして種目内容も変わって来ているようです。
定番である集団で行う演技、または応援合戦を廃止した学校もあると言います。

これは、運動会が春先になったことによって、まだクラス換えしたばかりで、団体の演技がまとまらないからという理由もあるでしょう。
それに5日制になってからは、ただでさえ学習時間がギリギリなのに運動会の練習に時間を取れないのでしょうね。
これでは団体の演技など無理でしょうね。

調査によりますと、東京23区の21年度春に運動会を実施した中学校は、なんと90パーセントなのです。
同じく小学校は半数以上が秋ではなく、春に運動会を実施したと言います。
運動会は「春の大運動会」と名前を変えたことになりますね。

実は学校行事は秋に集中しています。
文化祭や合唱コンクールなどのイベントを秋に実施している学校も多いです。
そんな中、それぞれのイベントの練習時間を取るために学習時間が削られて行きますから、さらに運動会の練習に時間を割くのは難しいのでしょう。

例えば、文化祭を春に移動するには準備期間が少なすぎます。
このような理由もあり、準備が短期間で済む運動会を春へ移す学校が続出したのでしょう。

また、中学校では高校受験もあります。
秋にはもう受験勉強をスタートしている時期ですから、運動会の練習に時間を取られたくないという意見もあります。
様々な要因があり、今はこうして運動会が秋から春へ移行する学校が増えているのですね。
posted by 運動会 at 20:14 | TrackBack(0) | 運動会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。