2009年11月03日

運動会に出るお父さんへ

お子さんの運動会で走ろうと思っているお父さん、準備はいかがでしょうか?
お子さんの手前、カッコイイところを見せたい!
そう誰もが思っているでしょう。

ですが、日常で運動する機会がない方、体がなまっている方は、急に運動会で走ると怪我が心配です。
走ることもバランス感覚が必要です。
足がもつれて、転んでしまうのはバランス感覚が鈍くなっているからかもしれません。
日ごろの運動不足が、運動会で解消できるわけではないので、その辺を勘違いしないようにしましょう。

もし、運動会までに日数があるのなら、軽い運動から始めてみませんか?
体力をつけ、健康を維持するためにも軽い適度な運動は必要です。
これは、是非、運動会が終わってもやめずに続けて欲しいと思います。

そこで、一番簡単で手っ取り早く始められる運動は何か?
それはランニングです。
室内でルームランナーなどの機械で運動している方もいらっしゃるでしょう。
それも確かに体力アップになりますが、外で体を動かしてみると気持ちいいですよ。

車が沢山通る場所を走ることは、汚れた空気を体内に取り込んでしまうので避けたいものです。
もし走るのでしたら、公園の周りや川沿いなど交通の少ない場所にしましょう。
また大通りをどうしても走らなければならないのでしたら、少しでも自動車の少ない時間帯にしましょう。
早朝、特に週末は車が少ないですよ。

運動会前に運動をしているか、まったくしていないかで当日の体の動きは全然違ってきます。
カッコイイお父さんを見せたいのなら、早めに体力づくりをして体を運動に慣らすべきなのです。
posted by 運動会 at 20:14 | TrackBack(0) | 運動会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地区運動会に参加しよう

運動会、体育祭は何も子供だけのイベントではありません。
秋には町内運動会など大人の運動会も開催されますから、進んで参加しましょう。
地区の運動会などは、ご近所、町内の方と仲良くなれるチャンスです。

また、自治会単位で参加する運動会の場合は、お弁当、飲み物など自治会費から出るところも多いようです。
私の住んでいる地区の自治会は、参加者だけでなく、応援に来てくれた方にもお弁当、飲み物を配っていました。
運動会の会場には自治会が用意したテントや椅子もありましたから快適です。
自分でシートを用意しなくて良いのですから。

競技に参加しなくても、一日、テントの中で見学、応援だけでもいいのですから参加してみてはいかがでしょうか。
こうして運動会に参加することは地域のコミュニケーションとなります。
特にご年配の方は見学に行くだけでいいのですから、地区の運動会にはどんどん参加しましょう。

また、団体種目などは自治会の人たちと一致団結してレースに臨みますから、終わったあとはとても良い気分です。
特にレースで一位になったりしたら、もう最高!
みんなで一緒に大喜びです。
こうして、普段はあまり会うことのないご近所の方と、運動会を通して親しくなることが出来ます。

私が以前、自治会の役員をしていたときは地区の運動会で我が自治会が総合優勝したのですが、その時の団結力はすごいものでした。
運動会が終わった後も、そのとき参加してくださった方とは仲良くしてもらっています。
今後も都合が付けば、地区運動会に参加しようと思っています。
posted by 運動会 at 20:14 | TrackBack(0) | 運動会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運動会の親子競技

運動会はただ見ているだけでなく、幼稚園や小学校低学年は父兄が参加しての競技もありますよね。
運動会の季節が近づいて来ると、張り切っているのは子供だけでなく、お父さん、お母さんもそうかもしれませんね。

例えば、幼稚園なら一緒にダンスを踊ったり、ボウルを二人で持ってかけっこしたり、簡単な競技がほとんどだと思います。
ですが小学校に上がると、二人三脚で一緒に走ったり、子供をおんぶして走ったり、何かと体力的にきつい競技が増えてきます。

ここで怖いことは、普段、まったく運動していなかったお父さん、お母さんが運動会で急に走ることです。
もちろん準備運動などしていない方がほとんどでしょうし、走る体とは程遠い方が多いです。

しかも、レース前は「もう、走れないわよ!」と謙遜していたお母さんも、レースが始まれば、ついムキになって全力で走っています。
このように急な運動は怪我の元なのです。
楽しい運動会に怪我などしたら、大変です。
父兄参加型の競技は自分の体のことをよく理解して、無理をせず参加しましょう。

気をつけるポイントとしては、走る競技では全速力はやめましょう。
昔、足が速かった人ほど、そのギャップにご自分でも驚くようです。
体も年齢と共に間違いなく老化していますから、自分の力を過信しないようにしましょう。
元陸上部の私が言うのですから間違いありません。

もし、参加するのであれば、準備体操を万全にすることはもちろんのこと、運動会の少し前から軽く運動をしておくことをお勧めします。
お父さん、お母さん、運動会への参加は十分ご注意くださいね。
posted by 運動会 at 20:14 | TrackBack(0) | 運動会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。